スズメバチの巣駆除前に知るべきこと!粗大ごみの放置は危険

スズメバチの修正を知る【巣作りは意外な場所を選ぶ】 スズメバチの修正を知る【巣作りは意外な場所を選ぶ】

粗大ゴミの中にスズメバチの巣を発見

スズメバチは、意外な場所に巣を作るケースがあります。敷地内に巣を作らせないために、どんなところを選んで巣作りをするのか知っておくのも大切です。

意外な場所にスズメバチの巣があります

粗大ゴミ(タンスの中)
スズメバチは、基本的に閉鎖的な環境を好みます。屋外に放置された粗大ゴミは、住宅の屋根裏や物置、戸袋同様、閉鎖的な環境なため巣を作る材料がそろっているので営巣に適しています。しばらく放置してしまった粗大ゴミ周辺にスズメバチが飛び回るのを頻繁に見かけるようになったら、既に巣がどこかに出来てしまっていると思ってください。撤去時には、虫刺されトラブルを引き起こさないよう対策を講じた方がいいです。
エアコンの室外機
ベランダ周辺からハチを頻繁に見かけるようになったら、室外機の中に巣を作ったことを疑ったほうがいいです。穏やかな季節である春は、エアコンの使用率が低くなるので、ハチが容易に室外機の隙間部分から内部に侵入してしまいます。女王蜂も含めて、一気に駆除するには活動が弱まる夕方を狙って殺虫剤を散布するのが望ましいです。
バイク
スズメバチは、時にバイクへ営巣するケースもあります。特に、汚れ防止でバイクシート使用する場合、穴が空いていないかどうか確認しましょう。既にハチが侵入して巣を作っている可能性があるので、バイク周辺に個体が飛び回っているのを見かけたら、不用心に近寄るのは避け、駆除業者に駆除してもらうのが得策です。

粗大ゴミを放置するのはよくない

スズメバチ

死角が多く、閉鎖的な環境を好むスズメバチが巣を作らせないためには、粗大ごみは格好のターゲットとなります。スズメバチの被害に遭わないために、使わないと決めた粗大ごみは放置せず速やかに処分した方が良いです。

駆除業者にスズメバチの巣駆除を相談

スズメバチの巣駆除は、自分でやるのも一つの手ですが、近隣と色んな問題が勃発する可能性あります。大事を取ってプロに依頼すれば、トラブルなく駆除出来ます。

駆除業者に依頼するメリット

電話したらすぐに駆けつけて駆除してくれました (40代/男性)

自宅の植木に、ソフトボール大の巣が出来ていたので、大事になる前に業者へ相談しました。電話後、20分以内で業者が駆けつけてくれたのでより安心しましたね。スズメバチの巣駆除作業に入る前に、使用する薬剤や作業の手順に関することを素人の私にもわかりやすく説明してくれましたので、任せてよかったと思いました。

近隣に被害が出ないように迅速なスズメバチの巣駆除をしてくれる (30代/男性)

隣の家との境目から近い場所に、スズメバチの巣が出来ていたことがありました。自力で駆除しようと思いましたが、殺虫剤の成分の影響でお隣さんの敷地内に悪影響が出てくるのが心配になったので、業者にお願いをすることに。業者は、あらゆるトラブルを想定して、駆除活動をしてくれるので大助かりです。

早急なスズメバチの巣駆除は業者に相談

すぐにでも、スズメバチの巣駆除をしたいなら、迅速対応の駆除業者に頼れば、周辺のことを考慮して安全に作業をしてくれます。

TOPボタン