粗大ゴミ内からスズメバチの巣駆除【安全性の高い方法をチェック】

スズメバチの修正を知る【巣作りは意外な場所を選ぶ】 スズメバチの修正を知る【巣作りは意外な場所を選ぶ】

粗大ゴミの中にあるスズメバチの巣駆除を行なう方法

粗大ゴミの中に出来たスズメバチの巣駆除を行なう場合は、着実に個体を一掃出来るタイミングと安全に巣を片付ける方法を事前に把握しましょう。

安全にスズメバチの巣駆除を行なうために

防護服を着用して夜まで待つ

自分の手で、スズメバチの巣駆除をするなら、個体が集まりやすい夕方の時間に絞るのが得策です。ただし、巣に集まりやすいとはいえ、警戒心をほどいてはいないので、近づけば襲ってきます。駆除の際は、専用の防護服で完全武装してから近寄れば、刺されるリスクが減らせるでしょう。巣を駆除した後は、戻り蜂対策で専用の粘着シートを設置しておくのがおすすめです。

スズメバチの巣から離れたところから殺虫剤を噴射

長いノズルが装着出来るタイプの殺虫剤を用いれば、巣に接近しなくても中にいる個体を一層しやすくなります。一噴きだけでなく、巣の中から羽の音が聞こえなくなるまで30秒ほどは殺虫剤を噴霧し続けましょう。動ける個体が少なくなるので、安全に巣を撤去出来ます。

巣にゴミ袋を被せて粗大ゴミから取り除く

個体駆除後の巣は、ゴミ袋に入れて処分出来ます。巣を撤去する際の手順は、個体がほぼ死滅した巣にゴミ袋を覆い被せてから、棒でたたき落としましょう。この手順なら、巣を落とす際に周辺に破片が飛び散らずに済みます。巣を覆い被せる際、大きめの虫取り網があるとより便利で、スムーズに落としやすくなります。

駆除業者が行なうスズメバチの巣駆除のコツ

スズメバチの巣の開口部にティッシュを入れると簡単に駆除出来ますよ (駆除業者)

確実に、巣の内部に潜んでいるスズメバチを一層したいなら、殺虫剤を散布する前に、複数ある巣の出入り口をふさぐと効果的です。逃げ場をなくせば、霧散する殺虫剤から逃げきれなくなります。また、ゴミ袋に入れた後も、出払っていたスズメバチがまだ存在している可能性がありえるので、念のために薬剤を吹きかけておくのもおすすめですよ。

くれぐれも作業は慎重に

安全なスズメバチの巣駆除方法を行なえば、刺される可能性が低くなりますが、作業リスクは高いことには変わりありません。気を抜かないように駆除を行ないましょう。

TOPボタン